バックホーの高値で売却する方法

バックホーをなるべく高値で売ろうとする場合、1社だけの見積もりでは甘いかもしれません。

2社の相見積もりを取って高い業者に買い取ってもらいましょう!

オススメとしては、以下の「トラック王国」「トラック買取.com」の2社で見積もりを取るのがオススメです!

これだけで、お店に直接持っていくよりも数千円~数万円程高値で買ってもらえる場合があります。

不要なバックホーは処分前に無料査定

不要になった重機関係(バックホー)などは、二束三文の様な気がしますが、それはあくまで自分で思っているだけで、
錯覚しているだけの場合があります。

自分の中では、普通自動車などと同様に、年式が古かったり、最新の機能が付いていなかったりすると、
下取り・買取査定でほとんど価格が付かないイメージを持つかもしれませんが、インターネットで日本全国・世界と繋がった現代では、日本国内・海外でどんな需要があるかわかりません。

特に、日本製のメーカーであれば、信頼性がとても高く、思っているよりも高額な買取査定を受けることが可能です。

それに国内でも、これからは、まだまだ東日本大震災の復興や東京オリンピックの設備投資などに係る土木工事の仕事が想像以上に需要があることになるはずです。

多くの買取業者は一般的に無料で買取査定を行っています。

まず、手順としては、連絡先情報を入力します。

会社名・名前・電話番号・メールアドレス・地域・売却理由などを入力して、その後に、車両の種類を入力します。他には、メーカー・機種・方式・年式・稼働時間などを入力して送信することになります。

複数台をまとめて売れる場合などについては、備考欄などに記載することでプラスアルファの査定を得られるチャンスがあります。

その後に、一般的には電話にて買取価格の連絡があります。

本格的に進めて問題ないのであれば、実車確認をして貰い、最終金額を決定して、お互い納得が行けば契約の流れとなります。

しばらく使用していなくて、眠っている重機も、新しい重機の頭金に生まれ変わってくれる可能性が十分にあります。

まずは一度、ネットで買取査定をしてみるのをおすすめします。

バックホー買取の前に確認事項

バックホーは大切な重機の1つです。

しかし年数がたつと傷んできますので、買い替えなどを行うところも少なくありません。

まだ使えるバックホーであれば、状態によっては高く買取ってもらえるチャンスがあります。

バックホー査定を上げるために、注意したい点を紹介しましょう。

バックホーのエンジン部分

買取業者のバックホー査定を少しでも高くするには、まずエンジン部分に注意してください。

バックホーのエンジン部分をしっかりメンテナンスすることで、買取価格を上げることができます。

エンジン部分のメンテナンスでは、エンジンオイル、ラジエーター液、エアクリーナーなどをしっかり点検します。

また、ファンベルトの状態もしっかり確認してください。

ファンベルトの張り具合を調整して、ラジエターコアなども綺麗にしておくと良いでしょう。

エンジントラブルで多いのが、エンジンのかかりの問題です。

エンジンがかかりくい場合は、燃料ホースを確認します。

燃料ホースに空気が入っていることもあります。

燃料ホースに空気が入っているとエンジンのかかりが悪くなりますので、その場合はパッキン交感を行うと良いでしょう。

バックホーのオイルポンプ

バックホーのメンテナンスでは、オイルポンプも大切です。

オイルポンプは、エンジン側面と後部にあります。

このオイルポンプは、バックホーの走行、旋回、アームや排土板といった、様々な油圧装置と直結しています。

オイルポンプが不足すると、これらの部分を傷つけてしまう恐れがありますので、しっかり点検してください。

バックホーのアーム部分

バックホーはアーム部分も大切です。

そしてアームの中でも、バケットのある先端部分が重要です。

この部分に土などが入っていないか、しっかり確認していきましょう。

バックホー査定を少しでも上げるためには、前もってメンテナンスをしておくことをおすすめします。

細かい部分までしっかり把握しておくと、楽にできるでしょう。

メンテナンスによって、車両の買取価格が上がる可能性もあります。

トラック王国で無料の査定で現在の価格を確認してみましょう。

バックホー買取に出す前にはメンテナンス

バックホーはパワーショベル、ユンボなどと呼ばれることもあります。

車両を買取に出す場合、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか?

他の重機との関連性

工場や工事現場などで良く見かけるのが重機ですが、この重機の種類も様々です。

現場には様々な重機がありますが、その中の1つがバックホーです。

この車両は「バックホウ」と呼ばれることもあり、油圧ショベルと呼ばれる建設機械の中で、ショベルをオペレーター側に設置したタイプをいいます。

バックホーというのは、英語の「バック」と、農作業に使う鍬「ホウ」が合わさったものです。

オペレーター側に設置したショベルを使い、運転手は自分に抱え込む方角に操作します。

地表面と比べて、低い場所の掘削に適した車両といえます。

ショベルを持った建設機械としては、その他にもユンボ、パワーショベル、油圧ショベル、ドラグショベルなど様々な重機があります。

これらの建設機械と、どのような違いがあるのでしょうか?

基本的に、これらは同じ役割を持った重機です。

バックホーを無料査定

バックホーをお持ちの方の中には、売却を予定している人もいるでしょう。

この場合、車両の下取りに出す方法もありますが、どちらかというと買取の方がお得といえます。

重機を専門に買い取っている買取専門業者の中には、高い価格で買い取ってくれる業者も少なくありません。

下取りに出すよりも高査定になることもありますので、一度試してみてからでも遅くはありません。

業者の数も多く、その中には無料査定に応じてくれる業者もいます。

出張から査定まですべて無料ですので、試してみる価値はあります。

バックホーの売却を予定している人の中には、買取に出す人もいるかもしれません。

この場合、まず査定をしてみるのも1つの方法です。

査定を受けて、車両の価格を相場価格と比べてみてください。

バックホーを買取に出す手順

バックホーは車体全体を旋回できることから、様々な作業を受け持っています。

しかし時間の経過とともに傷んできますので、メンテナンスや買い替えなどの作業が必要です。

重機は重量がありますので、故障したら移動が困難になります。

そのため、建設現場や工事現場などに放置されたままの車両も少なくありません。

しかしこのような重機は、一般的な乗用車と比べて高く売れる場合があります。

バックホー専門の買取業者

一般的な買取業者と比べて、重機専門の買取業者の中には独自の販売ルートを確保しているところも少なくないのです。

重機の買取業者の中には、バックホーを専門に買取っているバックホー買取業者もいます。

バックホー買取業者であれば、一般的な買取業者と比べて高い値段で買取ってもらえる可能性があります。

建設現場などに故障したり、動かなくなったりした車両があれば、一度相談してみてはいかがでしょうか。

日頃のメンテナンスで買取価格アップ

故障したり動かなくなったりしたバックホーを買取業者に売る場合、工夫次第で買取価格を上げることができます。

バックホーは様々な用途に利用できますので、市場での需要はたくさんあります。

そのためバックホー買取業者の中には、バックホーを探しているところも少なくありません。

この場合、車両をしっかりメンテナンスをしておけば、高く買取ってもらえる可能性があります。

買取業者の中には車両を買取った後、修理をして再び販売するところも多いのです。

日頃のメンテナンスをしっかりしておけば、たとえ故障して動かなくなったバックホーの再利用も可能です。

重機を使用した後は、毎日メンテナンスを行うと良いでしょう。

バックホーは様々なところで利用されており、その需要は高いといえます。

バックホー買取業者に高価格で買取ってもらうためには、日頃のメンテナンスが大切です。

また買取価格が気になる方は、無料査定を利用して調べてみると良いでしょう。